所長のひとこと

経営などのためになる著名人の名言、ときには本人オリジナルの格言を、月に一度みなさまにご紹介いたします。

だらしない記帳は、破産者の特徴である

4月のひとこと…
「だらしない記帳は、破産者の特徴である」

ヴュルテンベルク王国商法草案(1839年)
会計で会社を強くする金言集(坂本孝司著)より

「帳簿付けなんか面倒だ!」
「帳簿は税金の計算のために必要なんでしょ?」
「忙しいから会計事務所でやってよ」
とおっしゃる経営者の方がいらっしゃいます。
しかし、経験上このような方々の事業はなかなか成長しません。
「家業」から「事業」に脱却できずに伸び悩みます。
毎日の記帳には、事業を俯瞰(ふかん=全体を上から見ること)し「健
全経営の遂行」を実現するという機能があります。
タイムリーな情報からは無限のヒントが得られ、経営に大いに役立ち
ます。
順調な経営は「債権者(仕入先や金融機関)保護」にも寄与します。
もちろん、昨今の記帳はパソコンの能力を駆使してとても楽になりま
した。
基本的な原則を思い出させてくれる、正に名言です。


PAGE TOP