所長のひとこと

経営などのためになる著名人の名言、ときには本人オリジナルの格言を、月に一度みなさまにご紹介いたします。

流水無心にして、落花を送る

12月のひとこと…
「流水無心にして、落花を送る」

この言葉の意味は「風に散って落ちてきた花を、川の流れがただ
当たり前のこととして運んでいくこと。」ですが、その裏には、
人との関係において見返りを求めず、相手の心を乱し自分の心を
乱されることもない、互いを信頼して自然に身を任せるというこ
とを表現しています。
「自然な心で、無心に人と接する」ことは、現代社会において、
できそうでなかなかできないことですね。でも、だからこそその
ような関係に惹かれるのだと思います。


PAGE TOP