所長のひとこと

経営などのためになる著名人の名言、ときには本人オリジナルの格言を、月に一度みなさまにご紹介いたします。

われわれは語れる以上のことを知りうる

8月のひとこと…
「われわれは語れる以上のことを知りうる 」

ハンガリーの科学者
マイケル・ポラニー

知識には「形式知」つまり、言語で表現できる、客観的・科学的な知識と「暗黙知」すなわち、言葉で表現しきれない主観的な経験値の二種類があります。

「あなたは、なぜ自転車に乗れるのか?」と聞かれても、それを言葉で表現するのは大変難しいものがありますが、実際には身体が反応して自転車を自由に繰ることができるのです。職人の「勘」も同じでしょう。

実は人間にとって、この「形式知」と「暗黙知」のバランスが大変重要です。
書籍で得ることができるのは「形式知」ですが、いくら本を読んでも、「空気を読む」「人心の機微を感じる」「危険を敏感に察知する」といった「暗黙知」は得られません。
これは、心を研ぎ澄まして「感じる」ことにより醸成されるものなのです。
ビジネスの世界でも、両者のバランスを取ることが大切です。


PAGE TOP