税法クイズ

税に関するクイズを月に一度、所長 菅野 浩より出題いたします。クイズに答えて税法について勉強しよう。

「今回は「小規模宅地等の特例」についてです。」

Question

 みなさん、こんにちは。

 平成27年の相続税改正により相続税の申告件数が増加しており、ここ数年相続税の相談を受けることが増えています。
 相続税には配偶者の税額軽減と小規模宅地等の特例という2つの大きな優遇措置があり、これらの適用を受けられるかどうかが税額に大きな影響を及ぼすことになります。
 優遇措置の一つである小規模宅地等の特例は被相続人等の事業用又は居住用の宅地等について評価減を行うものですが、例えば被相続人等の居住用の宅地等については一定の面積まで80%の評価減を行うことができます。それでは、この被相続人等の居住用の宅地等についての「一定の面積」とは次のうちどれでしょうか?


PAGE TOP